GIVIはどう読むのですか?
イタリアに合わせて「ジビ」と読みます。
イタリア人世界GPライダーで創業者のGiuseppe Visenzi氏の頭文字から名づけられています。
オートバイのツーリング用ボックスでは、世界一の品数とシェアを誇っています。詳細はこちら
GIVIケースのモノロック・モノキーとは何ですか?
大まかに言うと、モノキーは大型車用、モノロックは小型車用のケースです。
トップケースはモノキーシリーズモノロックシリーズの2種類に分かれており、脱着を可能にしているベース部分形状もそれぞれ異なります。ベースに互換性はありませんので双方のケースを共用する事はできません。取り付け詳細
【モノキーケース】
大容量(33~58L)レンジのケースラインナップ。最大積載量10kg。ケース本体に二重構造を採用したガッチリボディ。たくさん積みたい方や永く使いたい方にはモノキーケースがお勧めです。
【モノロックケース】
25L~47Lまで幅広くラインナップ。最大積載量3kg。純正キャリアや市販のキャリアにも装着可能な汎用ベースを付属しています。軽量で、幅広い車種にお勧め。価格を抑えたハードケース入門モデル。
トリプル装着とは何ですか?
後部荷台中央と左右にボックスを取り付けることを「トリプル装着」といいます。
シート後部(キャリア部)に取り付けるトップケースと、シート後方の左右に取り付けるサイドケースがあります。
【トップケース】
トランク感覚で使える形状のハードケース。フタを開く事ができ、出し入れの便利さに優れています。
【サイドケース】
車両の後方側面に装着する形状のハードケース。別名パニアケースともいいます。バイクの外観にフィットし、また、TOPと組み合わせる事で容量を確保できます。サイドケースは重心が低いため走行安定性に優れます。
自分のバイクに取り付けできますか?
ケースは、汎用(はんよう)ベースで純正キャリアや市販のキャリアへ取り付ける方法のもの(モノロックシリーズ)と、車種専用フィッティングで取り付けるもの(モノキーシリーズ)があります。
モノロックシリーズは車両に適したサイズをお選びください。モノキーシリーズについては、ご自分のバイク用フィッティングが存在するか、車種別適合表でご確認ください。
ケースはどのように選べばいいですか?
装着可能なケースは車種によって違います。目的に応じて、シリーズおよびサイズをお選びください。
【大容量ケース(45L超)】
<車両目安> ビックスクーターや400cc以上のネイキッドモデルやツアラーモデル。
<おおよその容量> ヘルメット2個程度の容量。ロングツーリングやキャンプツーリング、荷物が多いとき、荷室スペースにゆとりが欲しい方など。
【ミドルクラス(33~39L)】
<車両目安> ~400ccのネイキッドモデルなど。
<おおよその容量> ヘルメット1個+レインウエア程度の容量です。駐車時にヘルメットを入れつつプラスαの容量を確保したい方や、旅慣れた方の宿に泊まる1泊ツーリング程度ならこのサイズがお勧めです。
【スモールクラス(~30L)】
<車両目安> ~125ccのスクーターや、シートフレーム剛性が高くないスーパースポーツ系。
<容量目安> ヘルメット1個程度の容量です。日帰りツーリングや、通勤/通学のデイリーユースを目的とした大きさです。
取り付けに加工は必要ですか?
車種別フィッティングによっては、加工が必要となる場合があります。
車両によっては、加工が必要となる場合があります。車種別適合表の備考欄をご確認ください。
フタの開閉の仕方を教えてください。
基本的にはワンタッチです。
開閉の仕方については、ご使用上の注意ページをご覧ください。
ケース本体が脱落したり、フタが開いたりしませんか?
正しく装着していれば大丈夫です。
イタリア本国での検証、長年の販売実績に加えて、デイトナ独自に工業試験場による耐震検査やテストコースでの波状路走行試験などの確認テストも積極的に行っています。ただし、正しくロックされていないとフタが開いてしまったり、脱落したりする恐れがあります。こちらもあわせてご覧ください。
雨天時に使用しても大丈夫ですか。
防水性の高い構造になっています。
完全防水ではありませんが、かみ合い構造を採用しているためケース内に水が浸入しにくくなっております。フタの密閉度の高いモノキーシリーズは、特に防水性能が高くなっております。しかしながら、豪雨などの場合は水が入る事もありますので、防水インナーバッグとの併用をお勧めします。
キーを失くしてしまった。インロックしてしまった。
専門業者にご相談ください。
ケースをロックした状態でキー紛失してしまった場合、または、カギをボックスの中に入れたままロックしてしまった場合には、カギ専門業者にご相談ください。
ツーリング時にはスペアキーをご持参することをお勧めします。
スペアキーが欲しい。
補修品としてシリンダーを交換すると使えるスペアキーがあります。
●セキュリティーの観点からシリンダーの番号から合鍵はご用意しておりません。
●キーシリンダーごと交換となります。キーシリンダー1つ毎に2つのカギが付属します。スタンダードキーとセキュリティーキーがあります。
・セイムナンバーキー:3セット(赤の取手/品番90170、シルバーの取手/品番77358、内溝赤/品番15177)、5セット(外溝赤/75961)
・セキュリティーロックキー:3セット(品番77303)、5セット(品番99134)
・セキュリティーキーにはブランクキー(品番96862)があり、カギ専門店で合鍵の製作が可能です。コピーのカギは性能が安定しないため、コピーキー製作よりもシリンダー交換をお勧めします。
複数のケースを使用する場合、共通のキーにする事はできますか?
ケース5つまで、カギの共通化が可能です。
トップ、サイドのトリプル装着をした場合、または、5つまでのトップ・サイドケースを併用装着されている方のために、セイムナンバーキーセットがあります。
・スタンダードキー:3セット(赤の取手/品番90170)、シルバーの取手/品番77358、 内溝赤/品番15177)、5セット(外溝赤/品番75961)
・セキュリティーキー:3セット(品番/77303)、5セット(品番/99134)
セキュリティーキーって何ですか?
セキュリティーの強化をしたキーで、現在は全てのモノキーケースに採用されています。
セキュリティーキーは全てのモノキーケースに採用されています。ピッキングの被害にあいにくく、合鍵の製作も難しいタイプです。
モノロックケースでも2ボタンタイプであればセキュリティーキーに交換できるケースがあります。
交換可能な型番例:B47、E470、E450、E43、B37、E370、B360、B36、E350、E340、B33、B32、E300、B27、E260、E250
走行中に異音が発生するときは?
まずは異音の原因を特定して下さい。
ボックスとベースの間の隙間から発生している場合、ラバーストッパーが摩耗している場合があります。ラバーストッパー8.0mm (品番90177) または、9.5mm (品番90606)に交換して下さい。
上シェルと下シェルの隙間から発生している場合、ラバーシールの取り付けがずれていたり、摩耗している場合があります。シェルパッキンを交換して下さい。
GIVIの商品はどこで見られますか?
GIVIオーソライスドディーラーまたは全国のデイトナ商品取扱店へ
GIVIケースに高い知識を持ったスタッフが対応する「GIVI Authorized Dealers(ジビ オーソライズド ディーラー)」、または全国のデイトナ二輪商品取扱店にて展示/販売されています。ただし、店舗在庫は流動的ですので、ご希望の商品が展示/在庫されていない場合があります。予めご了承ください。
保証は付いていますか?
ご購入日から1年間となります。
GIVI商品に関するご質問、不具合などにつきましては、保証書と購入証明書(レシートなど)をご準備の上、ご購入された店舗様、または株式会社デイトナお客様相談窓口:0120-60-4955までご連絡下さい。
補修品はありますか?
補修用のパーツを単品で購入いただけます。
使用中に劣化してしまいがちなパッキンやエンブレムなど一部の部品は、補修品として単品購入が可能です。詳細はWEBカタログの補修品ページをご参照ください。
車種別フィッティングに関しましては、樹脂キャップなど一部の共通部品を除いて補修品の設定はございません。